article
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
殯(もがり)の森



「殯(もがり)の森」を名画座で観た。
川瀬直美監督。カンヌ国際映画祭でグランプリ(審査員特別賞)を受賞した話題作だ。
舞台は奈良の山村。
旧家を改装したグループホームで暮らす一人の老人と新任介護士とが、
猛烈に美しいランドスケープのなかで織りなす喪失と再生の物語。

良いに違いない。
確信して映画に臨んだ。
が、結果は途中何度かコックリコックリ。

最近ではやっと、人の痛みが解るようになってきた、
などと思ったりもしてみたが、
どうも介護というのは苦手なジャンル。
真摯に人の手助けをしている人を見ても、
自分にはあそこまでできない、そうおもって引いてしまう。
さらにいうなら、偽善ではないかと疑ってしまう。

まだまだ成熟できていませんな。
電影 | Trackback(0) | Comment(2)
Home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。