article
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
殯(もがり)の森



「殯(もがり)の森」を名画座で観た。
川瀬直美監督。カンヌ国際映画祭でグランプリ(審査員特別賞)を受賞した話題作だ。
舞台は奈良の山村。
旧家を改装したグループホームで暮らす一人の老人と新任介護士とが、
猛烈に美しいランドスケープのなかで織りなす喪失と再生の物語。

良いに違いない。
確信して映画に臨んだ。
が、結果は途中何度かコックリコックリ。

最近ではやっと、人の痛みが解るようになってきた、
などと思ったりもしてみたが、
どうも介護というのは苦手なジャンル。
真摯に人の手助けをしている人を見ても、
自分にはあそこまでできない、そうおもって引いてしまう。
さらにいうなら、偽善ではないかと疑ってしまう。

まだまだ成熟できていませんな。
電影 | Trackback(0) | Comment(2)
東京縦断
東京の金曜日、久しぶりに飲みまくった。

まずは錦糸町!
作図事務所のみなさんと提出後打上げ。
先方の縄張りとはいえ、
「遠くない?」と最初はみんなブーブー言ってたけど、
最終的に全員満面の笑み。
いや、Tokyo East Sideいーっすね。
ちなみにコース的には
「とらふぐ亭」(ふぐ)→「パブ胡蝶蘭」(パブ)

つづいて神谷町!
勢いづいて事務所の先輩の新居におじゃましてしまった。
オサレ。
それ以外に言葉がありません。
久しぶりに建築家の家、って感じ。
こと最近高まりつつある引越欲に完全に火がついてしまった。
いや、ちょっと待て。
まずはCinelliのSupercorsaが先じゃないのか?

071109_01.jpg



ようやく駒沢!
北京在住utnの帰国に合わせて大学院のときの連中が集まった。
後輩連中も来てくれて、100%リラックスメンツ。
遠くのほうで、
「15mmか12mmか」などというアツい語りを耳にしたが、
こっちはこっちで、
「パブ胡蝶蘭」の素晴らしさに熱弁を振るう。
肴はutnの手みやげ「烏龍茶味ポッキー」と台湾名産「烏魚子(からすみ)」
窓の外の冬空はこうしてだんだんと白んでいった。

昼過ぎ、パンパンに腫れた顔をはたいて立ち上がる。
utnと二人、もう駒沢にも顔を出せなくなってしまった友人のもとへと出かけることにした。

071109_02.jpg
建築 | Trackback(0) | Comment(0)
Home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。